南 原 繁 研 究 会

The Society for Nambara Shigeru Studies




「南 原 繁 研 究 会」  趣 意 書





 平和と教育の問題が大きな課題となっている今日、平和と教育を最も大切な価値と考え、戦後の困難な時代と取り結んで、「理念を持って現実に向かい、現実の中に理念を問われ」た南原繁先生に学ぶことは、大きな意義があると考えます。南原繁先生の取り組んでこられた命題は、歴史の試練を超え、今日の命題でもあり、また将来の日本の国と国民を導く理念であると考えます。まさに温故創新であります。
 そこで、南原繁先生没後30年に当る今年、「南原繁研究会」を発足させることと致しました。
 具体的には、月1回の読書会を開催して、南原繁先生の思想を学び、読書会の成果を問う出版物の発行、シンポジウムの開催なども目指したいと考えます。南原繁先生の精神に学び、次の時代に引き継ぐために、志を同じくする方のご賛同を頂ければ幸いであります。


   2004年4月                  南原繁研究会 代表 鴨下重彦
                                       幹事 樋野興夫
                                       幹事 山口周三
                                      事務局 米窪博子




   2008年6月                   南原繁研究会 代表 加藤 節
                                       幹事 樋野興夫
                                       幹事 山口周三
                                       幹事 高木博義
                                       幹事 宮崎文彦

                                       顧問 鴨下重彦


トップページへ戻る